« Kirk Whalum / Colors | トップページ | エリック・ミヤシロのBRASSテクニックガイド »

2006年10月28日 (土)

WoodStone Neck Joint Screw

9月21日(木)に石森管楽器で開催された
ルー・タバキン(Lew Tabackin)のクリニックの時、
石森のスタッフにお願いされたかのように
WoodStone(石森管楽器のブランド)の
総銀製のジョイントスクリューが
すごくいいと言っていました。

ジョイントスクリューは、ネックをサックス本体に
はめた後に締めるネジのこと。
詳細は下記のURLを参照ください。

サックスに関しては金銭感覚がマヒするという
短所を持つオレとしては、
試してみないわけにはいかないってことで、
その週末、早速楽器を持って石森へ行きました。

WoodStoneの総銀製ジョイントスクリューには
セルマー用、ヤマハ用の2種類があります。
残念ながらガーデラ用はなく、
「使えるかどうか試してみましょう」
ということで、壊さないように装着してみたところ、
ヤマハ用が使えました。
ヤッホイ♪ってことで即購入。

実際に装着してみると、
確かに響き方が変わります。
語彙力が少なくて上手く説明できないですが、
5,000円くらいと、そんなに高いわけではないので、
変える価値ありです。

それまでは「まとまる君」をガーデラに使えるように
ちょっと削って装着してましたが、
(そのままだと微妙に入らなかったので)
その日から「まとまる君」はお蔵入りし、
総銀製のジョイントスクリューを使用しています。

 ← クリックにご協力お願いします!


|

« Kirk Whalum / Colors | トップページ | エリック・ミヤシロのBRASSテクニックガイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/12467011

この記事へのトラックバック一覧です: WoodStone Neck Joint Screw:

« Kirk Whalum / Colors | トップページ | エリック・ミヤシロのBRASSテクニックガイド »