« Courtney Pine / Closer to Home | トップページ | HABANERA SAXOPHONE QUARTET at 東京文化会館 on November 4th »

2006年11月 3日 (金)

Dave Guardala Ts用MP 再復刻

デイブ・ガーデラ(Dave Guardala)の再復刻版の
マウスピースが今年の夏前くらいから
また発売されています。

今回国内で発売しているのは、ウインドブロスと
ヤマハ渋谷店の2つのみ。

【 ウインドブロスのHPはこちら 】

何年か前に発売されたレーザートリムドは、
LAサックスが販売権を買い、
コンピュータ制御の旋盤で超精密に作成され、
「Studio」、「Crescent」、「KingR&B」の3モデル、
それぞれGold PlatedとSilver Platedが発売されました。
ハンドメイドの中でもかなりいい物を元に
作成したらしいですが、ハンドメイドとは材質が違うせいか、
音はかなり違います。

今回また発売されたレーザートリムドは、
以前のレーザートリムドとは全くの別物です。
LAサックスではなく、もともとガーデラ氏の弟子だった人が
販売権を買い取り、製作したものだそうです。
復刻されたのは「MBⅡ」(MB=Michael Brecker)、
「Crescent」、「KingR&B」の3モデルで、
レーザートリムドとハンドメイドがあります。

レーザートリムドは、LAサックスと同様に
コンピュータ制御の旋盤で作成したものですが、
「MBⅡ」、「Cresent」、「KingR&B」の3モデルとも
全てハンドメイドの「KingR&B」のような形状をしており、
その違いはオレにはほどんとわかりませんでした。

ハンドメイドは、レーザートリムドをガーデラ氏の元弟子
の人が削って仕上げただけで、一からハンドメイド
という訳ではありません。
ただ、この「MBⅡ」はもともとのハンドメイドの「MBⅡ」と
形状はとても似ています。
このハンドメイドの「MBⅡ/Silver Plated」は吹いてみて
ちょっと興味を持ちましたが、
定価が10万円はちょっと高い気が。。。
もうちょっと出せは、eBayとかで
もともとのハンドメイド買えちゃうし。

 ← クリックにご協力お願いします!


|

« Courtney Pine / Closer to Home | トップページ | HABANERA SAXOPHONE QUARTET at 東京文化会館 on November 4th »

コメント

はじめまして。
ちょっと教えていただきたいのですが、
ガーデラ買うなら(値段は別として)、
(1) ハンドメイド
(2) 最近の再復刻版
(3) LA-Sax時代の復刻版
の順で「良い」わけですね?
情報元は何処でしょうか?教えていただけませんか?

あと、LA-Sax時代の復刻版の購入を迷っているんですが、止めておいた方が良いでしょうか?

投稿: まつうら | 2006年12月26日 (火) 10時07分

ご質問ありがとうございます。
個人的には
(1) ハンドメイド
(2) LA-Sax時代の復刻版
(3) 最近の再復刻版
の順が良いと思っています。

LA-Sax時代の復刻版はハンドメイドとは別物ですが、
いいMPですよ。最近ヤフオクで値段も下がっているし、
eBayだと$300くらいで落札できることもあるし、
いきなり10万円くらいのハンドメイドを買うよりは、
まずはLA-Sax時代の復刻版を吹いてみても
いいかもですね。

情報源は私自身がガーデラマニア
(というか、サックスマニアですが)で、
ハンドメイドを何本も入手してきましたし、
LA-Sax時代の復刻版も何本も持っていたことがあったり、
最近の再復刻版もいくつかのお店で試奏させてもらい、
そういう経験によるものです。
また、楽器屋の店員さんやその他海外のWebなどから
集めた情報もあります。
少しでも参考にしていたると嬉しいです。

投稿: キース | 2006年12月26日 (火) 12時08分

ブランフォード・マルサリス・モデルもハンドメイドで発売しているようですけど、市場には出回ってないようですね。ところで、今までMBモデルが復刻されていない理由をアメリカのサックスプレイヤーの友人に聞いたところ、チャンバーやバッフルの形状がDukoffの特許を侵害していると提訴されていたそうで、その問題点がクリアされない事には製作も販売も出来ないらしいですよ。でも横須賀のO.M.L.なんかでは完全コピーしちゃってるみたいですけどね(笑)。

投稿: Xavas | 2007年7月 3日 (火) 10時16分

Xavasさん、コメントありがとうございます!
教えていただいたURL見ると、確かにブランフォード・モデルのハンドメイドも発売しているようですね。ビックリしました。
そのDukoffの特許って、いつまで有効なんでしょうね。
ボブ・アッカーマンがガーデラモデルをLostWaxで発売していますが、あれはMBだと思いますが、大丈夫なのかな?
O.M.L.はもろ完全コピーですね(笑) Dukoffとかにバレてないだけでしょうか。
面白い情報ありがとうございました。

投稿: キース | 2007年7月 4日 (水) 01時26分

初めまして、MPの話 興味深く読みました。

現在、アルト・ガルデラが復刻されていますが、あれはオリジナルと比べての音質の違いは如何なんでしょうか? また、オリジナルとの大きな違いを教えて下さい。

投稿: コオ | 2007年11月18日 (日) 15時12分

コオさん、ご質問ありがとうございます。
アルトは吹かないので、アルトの復刻に関してはわかりませんが、材質の違いが音に影響していると思います。特にハンドメイドのプレートはかなり薄く、今ヤフオクに出ているアルトのガーデラのように使い込まれているハンドメイドは、プレートが残っている方が珍しいくらいです。
正直言って、ハンドメイドと復刻品は別物です。そう考えて、一度試奏してみるといいと思います。
また何かありましたら気軽にコメントかメールください。

投稿: キース | 2007年11月19日 (月) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/12532591

この記事へのトラックバック一覧です: Dave Guardala Ts用MP 再復刻:

« Courtney Pine / Closer to Home | トップページ | HABANERA SAXOPHONE QUARTET at 東京文化会館 on November 4th »