« 宮本大路 バリトンサックスクリニック レポート | トップページ | Grover Washington,Jr. on WOWOW JAZZ FILE! »

2006年12月25日 (月)

Eddie M/WARD STREET

エディーMは、パープルレインの頃の
プリンスのバンドなどに参加していた
ことがあるサックスプレイヤー。

とてもFunkyなプレイが彼の魅力ですが、
このアルバムは、レコード会社等の意向により、
ケニーGちっくな曲を要求されたらしく、
バラードっぽい曲のほうが多くなっちゃってます。

彼らしい曲を聴きたい人は、2曲目の
「I'M INTO YOU」と10曲目の「INNER CITY BLUES」
をまず聴いてみて欲しいです。

4~5年ほど前に彼がBLUE NOTE東京に来日した時、
最終日の2ndセットを見に行きましたが、21時半過ぎに
始まったライブが終わったのが0時頃。。。(笑)
終電にギリギリだったことがありました。
BLUE NOTEでの一番長いライブでした。
(ちなみに、一番短いライブはジャッキー・マクイーン)

彼のサックスはヤナギサワ。
ソプラノはSP(シルバープレート)で、マウスピースもSP。
しかもピッカピカに磨き上げられていたようで、
ライトが当たると眩しいくらいに光って
すごく格好良かったのを覚えています。

ふと思い出しましたが、メイシオの真似をさせたら、
本人と思っちゃうほどそっくりに吹くらしいです。


← クリックにご協力お願いします!


|

« 宮本大路 バリトンサックスクリニック レポート | トップページ | Grover Washington,Jr. on WOWOW JAZZ FILE! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/13191061

この記事へのトラックバック一覧です: Eddie M/WARD STREET:

« 宮本大路 バリトンサックスクリニック レポート | トップページ | Grover Washington,Jr. on WOWOW JAZZ FILE! »