« Selmer Super Session | トップページ | 大堀サックス研究所 »

2006年12月13日 (水)

Gerald Albraght/Smooth

ジェラルド・アルブライトのサックスを

初めて聴いたのは、SING LIKE TALKINGの
Humanity」というアルバムの最後の曲
「きっと 何時の日か」でのソロ。
高校生の頃、このちょっともの悲しい美しいソロが
大好きで、よく聴いていました。

その後、大学を卒業するか社会人になったばかり
の頃に買ったのがこのアルバム。
彼はタンギングがめちゃめちゃ上手いことでも有名で、
明るく伸びやかな音色にはまりました。
でも、高校の頃に聴いていたSING LIKE TALKINGの
サックスソロがアルブライトだったと気づいたのは
それから2~3年くらい後です。

今はスムースジャズなどのジャンルで
大活躍している彼ですが、
「何でもするから食べ物をください」
と書いた紙を楽器ケースに入れてた
時代もあったそうです。

彼が使っている楽器は、
以前はセルマー シリーズⅡのホワイトを
使ってたりしましたが、
最近はキャノンボール(Cannonball)の
彼自身のモデルを使っていますね。
マウスピースは変えてなければ
ビーチラー(Beecheler)ラバー #S8Sに
Woodstoneのリガチャーを使ってるはずです。


← クリックにご協力お願いします!


|

« Selmer Super Session | トップページ | 大堀サックス研究所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/13053645

この記事へのトラックバック一覧です: Gerald Albraght/Smooth:

« Selmer Super Session | トップページ | 大堀サックス研究所 »