« JVC Jazz Festival at オーチャードホール on February 29th | トップページ | 吉岡秀晃セッション at 銀座Swing City on April 4th »

2008年3月20日 (木)

82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z)

2週間ほど前に82Zのテナーを買っちゃいました。

買うきっかけになったのは、セミプロの知り合い2人に
別々に勧められたから。
大久保の楽器屋をすべて回り、
最終的に石森管楽器にあった3本のうち
1本を購入しました。

買ったのはラッカー仕上げのものです。
ガーデラのMPとの相性もあるかもしれませんが、
アンラッカーよりもラッカーの方が
締まったいい音になると感じました。

購入後、下記のパーツを交換し、
グレードアップしています。

■ YAMAHA CUSTUM M3ネック(ラッカー)
 →ヤマハ銀座店にて、M1のGP、
   M3のGPとラッカーを各2本ずつ試奏させてもらい、
   M3のラッカーを選びました。

■ ウインドブロス 木製サムフック
 →最初はWoodStoneのものを考えていましたが、
   なんとヤマハ用はまだないそうで、
   ガーデラのテナーで使っていたウインドブロスの
   木製サムフックをつけてみましたが、
   かなりいい感じです。

■ WoodStone サムレストヴィンテージスタイル
 →サムレストもウインドブロスの木製のに変えようかと
   考えたりはしていますが、WoodStoneのラバー製
   のが思ってたよりもよく、反応も速くなったので
   しばらくはこのままで行こうと思っています。

■ WoodStone 総銀製ネックジョイントスクリュー
 →石森で3本試奏し、気に入ったのを購入しました。
   個体差というよりも個性があり、
   試奏してみることをオススメします。

ちなみに、ある情報によると、
初期の82Zのテナーはアルトほど造りがよくなかった
そうですが、最近はそういうこともなくなってきたそうで、
試奏毎に製造番号を確認しましたが、
製造番号が新しい物の方が明らかに鳴りはよかったです。

これだけいい楽器が新品で28万円。
ピッチもすごくいいし、かなり買いだと思います。

82z1  82z2

82z3


← クリックにご協力お願いします!


|

« JVC Jazz Festival at オーチャードホール on February 29th | トップページ | 吉岡秀晃セッション at 銀座Swing City on April 4th »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/40568033

この記事へのトラックバック一覧です: 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z):

« JVC Jazz Festival at オーチャードホール on February 29th | トップページ | 吉岡秀晃セッション at 銀座Swing City on April 4th »