« ソニー・ロリンズ 5月に来日! | トップページ | 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) »

2008年3月 4日 (火)

JVC Jazz Festival at オーチャードホール on February 29th

JVC Jazz Festival with Blue Note Tokyo 20th
の初日に行ってきました。
平日の夜に、しかも18時半に渋谷はかなり
キツイんですが、なぜ初日にしたかというと、
THE CRUSADERSとDave Kozを観たかったから。

今回の出演者は3組。
まず1組目はHARVEY MASON TRIO。
なんか、音響的にイマイチだったのと、
演奏時間がたった30分弱しかなかったため、
正直あまり感想がありません。

2組目はTHE CRUSADERS。
ほんとは、フロントの2管が目当てだったんだけど、
Steve Gaddのドラムばかり聴いていました。
Gaddのドラムを聴いたのは初めてではないけど、
”歌ってるようなドラム”という言葉がピッタリでした。
ちなみに、ギターはRay Parker Jr.で、
お決まりの「ゴーストバスターズのテーマ」も
ソロの中で披露してくれました。

3組目はDave Koz。
彼は本物のエンターテイナーで、
今回も楽しませてくれました。
以前のBlue Note来日時と同じメンバーで、
みんなを楽しませようという”仕掛け”が
たくさんあり、かなり盛り上がりました。

テナーのプレイヤーは身体が大きな人が多く、
その人が使ってるセッティングなどを参考にするのも
かなり無理がありますが、
Dave Kozは普通の日本人と変わらないか、
逆に小さい方に入るかもしれないのに、
テナーもよく鳴っていて、
彼のセッティングや吹き方にすごく興味があります。
アルトはヤマハのYAS-62のシルバープレートに
ビーチラーなのは知っていますが、
彼のテナーのセッティングを知りたい!
(知ってる人いませんか??)

いろいろ調べてみてわからなかったら、
次回の来日公演時に直接聞いてみたいと思っています。


← クリックにご協力お願いします!


|

« ソニー・ロリンズ 5月に来日! | トップページ | 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/40374372

この記事へのトラックバック一覧です: JVC Jazz Festival at オーチャードホール on February 29th:

« ソニー・ロリンズ 5月に来日! | トップページ | 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) »