« 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) | トップページ | ピー・ウィーとフレッドが再来日! »

2008年4月14日 (月)

吉岡秀晃セッション at 銀座Swing City on April 4th

久しぶりにジャズのテナーを聴きたくて
いいライブがないか探しているときに
見つけたのがこのライブ。

メンバーはピアノトリオ+
三木俊雄さんと河村秀樹さんの2テナー。

スタンダードナンバーからパーカーなどのビバップまで、
バラエティに富んだ選曲で、
いろんなニュアンスのテナーの音を聴くことができました。
特によかったのが三木さんのバラード。
彼の音はジャズバラードにとてもあう”甘さ”があり、
聴き惚れてしまいました。

ライブを通して勉強になったのが、
三木さんのフィガリングポジション。
すごく無駄のないというか、
指の動きがキレイで、
特に左手の位置を参考にして
最近意識しながら練習しています。

あとちょっとびっくりしたのは、
河村さんが82Zに変えていたこと。
ネックはG3に変えていたし、
サムフックは金属製だったので、
柳沢か石森に変えているようでした。



← クリックにご協力お願いします!


|

« 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) | トップページ | ピー・ウィーとフレッドが再来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/40883299

この記事へのトラックバック一覧です: 吉岡秀晃セッション at 銀座Swing City on April 4th:

« 82Zのテナー(YAMAHA YTS-82Z) | トップページ | ピー・ウィーとフレッドが再来日! »