« 江川良子さんのリサイタル | トップページ | 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール at Motion Blue on November 3rd »

2010年10月18日 (月)

東京JAZZでのJAZZ CRUSADERS

土曜日にBS2で東京JAZZ2010の
一挙放送をやってました。

今年はいくつか気になる出演者はいましたが、
結局行くまでには至らず、どんな感じだったか
観てみることに。

いろんな出演者の演奏が続く中、
JAZZ CRUSADERSを見て、頭の中に?マークが。
ウィルトン・フェルダーが太っちゃったのか
と一瞬思ったけど、よく見ると
ジェラルド・アルブライトじゃないですか!

アルブライトのテナーを生で聴いてみたかった。
知ってれば行ったんだけど。

特にウィルトン・フェルダーの名曲
「WAY BACK HOME」での
ブルージーなソロが格好良すぎました。

ちなみに、アルブライトのテナーのセッティングは、
キャノンボールのジェラルド・アルブライトモデルに
ゲイリー・シュガールのKWⅡ(カーク・ウェイラムⅡ)
ですね。
以前にシュガール氏本人に聞いたところ、
アルブライトは8★番とのことでした。

← クリックにご協力お願いします!

|

« 江川良子さんのリサイタル | トップページ | 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール at Motion Blue on November 3rd »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192931/49778617

この記事へのトラックバック一覧です: 東京JAZZでのJAZZ CRUSADERS:

« 江川良子さんのリサイタル | トップページ | 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール at Motion Blue on November 3rd »