2008年2月24日 (日)

Femi Kuti/AFRICA SHRINE

フェミ・クティはアフリカのナイジェリアの
アーティスト。アフリカのCDを買ったのは
たぶんこれが初めてだけど、
1曲目からその曲の持つエネルギーに
圧倒されました。

彼は歌うだけでなく、サックスも吹いているけど、
彼のサックスはまさに叫びのようというのが
一番しっくりくる表現だと思う。

アフロビートというのが彼らの音楽らしいが、
それに、独立後40年以上が経っても
混沌とした国の状況に対する民衆の声を
歌にして表現している。

彼の父親は、黒人解放運動家で、
アフロ・ビートを作ったフェラ・クティ。
彼がその父親のバンドでサックスを吹いる姿や、
なぜ彼がこういう歌を歌っているのかなどを
知るとより彼の歌が心に伝わって来ると思うので、
このライブのDVD「live at the Shrine」もオススメです。



日本に住んでいると、自分で積極的に調べない限り
アフリカの情報ってほとんど入ってこないと思うけど、
独立して40数年経ち、比較的アフリカの中でも
大国だと思っていたナイジェリアでも、
電気がない生活をおくっていたり、
人々に不満が多いのが実情らしい。

ライブの映像を見ると、ライブ会場で
ペットボトルや椅子が飛びまくり、
観客のエネルギーというか暴走に
寒気すら感じました。



← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

サックス教則DVD 2本発売!

最近、サックスの教則DVDが
2本発売になりました。

1本目は小池修さんの
「実践サックス アドリブ・ソロ講座」
ペンタトニック・スケールを中心に
ソロをどう作ればいいかを
解説してあるようです。



2本目はNAOさんの
「大人の楽器生活 サックスの嗜み」
「Gospel」、「Midium Ballad」、「Funk」、
「Bossa Nova」、「Soul Ballad」を
NAOさんのレッスンを直接受けている
ような感じで収録してあるみたいです。

  

オレはこの2本を今日新大久保の
ウインドクルーで買ってきました。
ってことで、まだ観てません。
早く観たい!

ちなみに、この2本がそうというわけでは
決してないですが、
サックスの教則DVDって、何年か経つと店頭で
買えなくなることが多いんですよね。
昔買ったビデオが、もう手に入らないからか
ヤフオクで高く売られていたりするのも
見たことがあるし。
そんなわけで、興味があれば早めに
手に入れておくことをオススメします。



← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

STEPS AHEAD Copenhagen Live

Steps_2 最近980円シリーズのDVDを本屋などで
売っているのをよく見かけますが、
昨日その中にステップス・アヘッドのが
あるのを発見!
安かったのでとりあえず買ってみました。

Liveは1983年にコペンハーゲンで行われたもの。
メンバーは以下の5人。当然、すごいメンバーです。

■ マイク・マイニエリ(Mike Mainieri)/Vibes
■ マイケル・ブレッカー(Michael Brecker)/Sax
■ エディ・ゴメス(Eddie Gomez)/Bass
■ ピーター・アースキン(Peter Erskine)/Drums
■ イリアーヌ・イリアス(Eliane Elias)/Piano

ブレッカーはまだデュコフにハリソンのリガチャーを
使っています。
オレはこの頃のブレッカーがほんとに好きです。

曲もいいし、マイニエリのヴァイブソロも聴き応えあるし、
正直980円だからあんまり期待していなかったけど、
このDVDは買いです。


← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

永遠のモータウン

ちょっと話題になった映画なので
ご存知の方も多いと思うけど、
この映画はモータウン黄金期を支えた、
ファンク・ブラザーズという偉大な
バックバンドに関する映画。

この映画の中で、ファンク・ブラザーズが
往年の名曲の数々を演奏していますが、
そのゲストの中になんとトム・スコットが!

トム・スコットはあれだけ活躍してる(「た」?)
のに、ビデオはほんとに少ないんです。
なので、この映画のDVDはかなり貴重です。
しかも、テナー、アルトならありそうですが、
バリトンでソロを吹いたりもしてるので、
彼のファンなら必見です!

← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

Jazz Improvisation A Personal Approach with Joe Lovano

先日、大久保のある楽器屋へ行ったら、
あのジョー・ロバーノ(Joe Lovano)の

教則DVDを発見!!
こんなの見たことはなく、あったのは1つだけ。
当然迷わず買いました。

帰ってからちょっと調べてみたところ、
AmazonではUS版が売ってたりするので、
前からあったみたいだけど、
オレが買った日本語字幕入り版は
最近出たのかも。

このDVDの中で、
「サックスは単音楽器だけど、
 ピアノみたいに演奏するには
 どうしたらいいかを追求した。」
なんて言っていたけど、
そんな発想をすること自体が
普通じゃないです。。。

ちなみに、2年ほど前のMotion Blueでの
来日公演の時、一番前の真ん中の
「かぶりつき席」で観ましたが、
彼のサックスのベルが自分のほうを向いた時の
音圧がスゴかったのをよく覚えています。

 ← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

PRINCE LIVE AT THE ALADDIN LAS VEGAS

先日キャンディ・ダルファー(Candy Dulfer)
ライブの感想に書いた、ベースの
ロンダ・スミス(Rhonda Smith)ですが、
「PRINCE LIVE AT THE ALADDIN LAS VEGAS」
というDVDで彼女がベースを弾いてる姿を
観ることができます

このライブは、アルバム「The Rainbow Children」
ツアーの模様を収めたものです。

日本での公演もあり、
オレも武道館での3Days(たしか)のうち2日観に行きました。
オープニングでは、メイシオ・パーカー(Maceo Parker)
客席の間をサックスを吹きながら登場。
アルバム「The Rainbow Children」がジャズを強く意識しており、
大人なジャズと彼の代表曲の数々を聴くことができ、
「お得な感じ」のライブでした。
(プリンスとメイシオを一緒に聴けただけで、かなりお得)

ちなみに、80年代後半の来日公演時の
ステージ衣装は白いつなぎみたいなのに
「セックス」とか「LOVE」とか
そういう卑猥な言葉がいっぱい書いてあり、
そんなのを着てやってるライブの模様を
ゴールデンタイムに放送してて、
母親の冷たい視線を浴びながら観たものです。。。

でも、アルバム「The Rainbow Children」のツアーでは
みんなフォーマルな服装でした。
Princeが大人になったのかな?
いや、大人しくなったのかな?
まぁ、でも、Princeのスゴさは変わりません。

 ← クリックにご協力お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)